絵が描ける人がうらやましい

先日の発明コンクールの話のときに少し話題にしましたが、私は絵を描くのが苦手です。

「~を描いてください」と言われれば一応は描けます。でもそれは記号的な意味しか持たない図と言ったほうがいいような絵です。それ以上に絵に何か意味をこめるということは、私には出来ないのです。

私が他の人に何かを伝えるとき、もちろん主な手段は文章ということになるのですが、もどかしいときが多々あるのです。イメージを絵にして伝えたほうが早いし、その方が相手の理解も深いはず、と思うのです。

「百聞は一見にしかず」、まさにそのとおりです。絵が描ける人をうらやましく思います。
関連記事