今日は一日特許の勉強をしてました

この文章は素人が自由な発想で考察したものであり、常識・定説・専門家の意見などの世間一般の認識とされるものとは違う場合があります。また、筆者の知識不足や勘違いにより考察が全く意味の無い場合もあることを踏まえた上でお読み下さい。筆者の事実関係の認識が間違っている場合は、指摘していただけるとありがたいです。


いや勉強というより、アイデアをまとめていたと言う方が正しいかな?

特許の出願には「これこれの範囲の権利をください」という感じで書く部分があるのですが、具体的な製品をイメージして細かく書くと権利範囲がすごく狭くなってしまいます。そこで自分のアイデアの本質がどこにあるのかということを検証する必要があります。

ある特許出願の手引きにあった話ですが、例えば丸い軸の鉛筆しかなかった時代に六角形の軸の鉛筆を考案したとしましょう。特許出願のときに「六角形の軸をもつ鉛筆」と書いてはいけません。この書き方だと「六角形の軸」でかつ「鉛筆」にしか権利が及びません。

丸い軸では転がるから不便だ、だから形を変えようというのが本質です。形を変えようというのも、転がらないように軸に平面の部分を設けようという意味です。ですから「少なくとも1つの平面を有する軸の形の筆記用具」とするのがよいでしょう。これなら何角形であってもいいですし、鉛筆以外のものも含まれます。

ただ権利範囲を広げると別の問題が生じます。過去に同じような考案があって範囲がかぶる場合、特許として認められなくなってしまうのです。

特許出願に問題があった場合にはあとから修正することはできるのですが、そのときに権利範囲を広げるような修正はできません。ですから最初の出願のときには目一杯範囲を広げて書き、問題があった場合は、その部分だけ権利を狭めるように修正するというのが一般的なようです。

色々難しいですね。私の勉強もまだまだ続きます。
関連記事