スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ王の袋麺に物申す!

私は結構な頻度で袋入り即席麺を食べるのですが、ラ王の袋麺等の「ちょっと美味しい袋麺」の現状に不満があります!

スーパーでは5個パックが大体300円から350円くらいで売ってることが多いのですが、どのメーカーの商品もキラキラのパッケージで目を引こうとします。

何でそこにお金をかけるんだ!

いや商品を売るためにはそれが正解なのかもしれません。でも消費者はパッケージを食べるわけじゃないんです。ことさら目立つようにキラキラにされたパッケージを見ると、食べるときにそれを捨てるたびに悲しくなってしまうのです。

私はこのカテゴリの商品ではラ王を一番よく買うのですが、はっきりいってラ王には失望しています。

何で広まったのを見計らって質を落とすんだよ!

いや利益を上げるためにはそれが正解なのかもしれません。でも発売したてのころからずっと食べていると分かってしまうのです。美味しくなくなっていくのが。最初のころはCMでやっていたとおり生麺と間違うくらいの美味しさでした。でも今はごく平凡な麺です。食べなれて感動がなくなったわけではありません、何せ麺の形状も色も変わってしまったのですから。


食品業界ではこんなことがまかり通っているのですね。具体的に何がどうという表示基準がなければ、商売人とはこんなものなのかもしれません。皆さんお気を付けを。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。