炊飯器がご機嫌斜め、その理由は

この文章は素人が自由な発想で考察したものであり、常識・定説・専門家の意見などの世間一般の認識とされるものとは違う場合があります。また、筆者の知識不足や勘違いにより考察が全く意味の無い場合もあることを踏まえた上でお読み下さい。


うちの炊飯器が急にご機嫌斜めになりました。味にこだわりはそんなにないので多少の味のムラは気にしないのですが、さすがに芯のあるパサパサご飯は食べるのが苦痛でした。

毎回そうなるわけでもなかったので最初は水加減を間違えたのかと思ったのですが、ちゃんと確認してセットしたときも同じような炊き上がりになることがありました。

これはそろそろ炊飯器自体が寿命か、もう10年以上使っているので仕方がないか、と思ったのですがここであることに気付きました。


↓ 考察はこちらから
炊飯器がご機嫌斜めになりだしたのは夏になってからです。ここで気が付きました、ちょうどクーラーをつけだした時期と合致するのです。

材料が同じなのに出来上がりが違う、それは調理方法が変わったと思っていいでしょう。うちは電気をたくさん使う家電を複数を使うとすぐにブレーカーが落ちます。クーラーをつけるとブレーカーが落ちるほどではないにしても、おそらく全体の電圧が若干下がってしまうのでしょう。

炊飯器に供給される電気の電圧が下がって、炊飯時の温度が上がらなくなったのではないかと推測します。経年劣化によりヒーターが本来のパワーを出せていないせいもあると思います。

とりあえずまだ今は、だましだまし使おうと思います。でも近いうちに買い替えないといけないですね。
関連記事