「 #正答率25パーセント未満の問題を作れ 」 というタグに挑戦してみました

問題:日本で初めて誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの名前は?

 ・フェイフェイ
 ・リンリン
 ・トントン
 ・チュチュ



 ツイッターへ


↓ 答えと解説はこちら
「 #正答率25パーセント未満の問題を作れ 」 というタグをツイッターで見かけたとき、これはやってみたいと思いました。

ツイッターの投票機能は選択肢を最大4つまで作ることができます。クイズを出題するとなると、合理的な正解がありかつそれを知っている人がいるのが前提です。正解を知っているのが1%の人だとしても、残り99%の人がランダムに投票すると理論上は25%を超えてしまいます。

つまり、「答えを知らない人が選ぶ選択肢」を不正解に誘導しないと25パーセント未満にはなりません。分かりやすく言うと、これは


「引っかけ問題」

です。

ツイッターでの投票結果はこうなりました。総投票数は165票、それぞれの選択肢への投票率は、

 ・フェイフェイ  25%
 ・リンリン  37%
 ・トントン  27%
 ・チュチュ  11%

となりました。

正解は……、


「チュチュ」でした!

正答率11%!見事にミッション達成です!

実はこの「チュチュ(初初)」というパンダの赤ちゃんは、わずか43時間しか生きなかったそうです。生まれた1985年にはもちろん話題になったそうですが、当時を知らない人にはおそらく聞きなじみのない名前だったでしょう。

そして、それ以外の選択肢には聞き覚えがあるだろうパンダの名前を並べてみました。特に「トントン(童童)」は1986に、「チュチュ」の次に日本で生まれたパンダです。当時名前も公募され大きなニュースになりました。こちらが正解と思った方もいたことでしょう。

選択肢のパンダたちの詳細を紹介しておきます。(UENO-PANDA.JP参照)

 ・フェイフェイ(飛飛) 1982.11.9上野動物園来園 1994.12.14死亡
 ・リンリン(陵陵) 1992.11.5上野動物園来園 2008.4.30死亡
 ・トントン(童童) 1986.6.1上野動物園生まれ 2000.7.8 死亡
 ・チュチュ(初初) 1985.6.27上野動物園生まれ 1985.6.29 死亡

また、こういう引っかけ問題も出題してみたいですね。
関連記事