関西遠征!ゲームマーケット初出展記  - ゲームマーケット2016神戸 - (後編)

さて後編です。

午後になって変わった会場の雰囲気とは?


長くなるので、続きはこちら ↓

気合いを入れなおして午後。午前中に引き続きブースの近くを通りかかった来場者さんに声をかけます。

しばらくして会場の雰囲気の変化に気が付きました。午前中よりたくさんの人が足を止めてくれるようになったのです。

聞くところによると来場者の方の行動にはパターンがあるんだそうです。午前中は事前に予約したゲームを引き取りに行ったりお気に入りのサークルを見に行くことが多く、午後からは何か面白いものがないかいろいろなブースを見て回ることが多いのだとか。


チャンス到来です!


来場者さんにかける声にも力が入ります。

そうしているうちに「あっきゃまん℠【公式】」さんが面白いことを始めました。見本用として販売スペースに盤駒が置いてあったのですが、それを使って「詰めウクレレ」(ウクレレの終盤問題)を並べてくれたのです。

実はこの日みなさんに配っていた名刺の裏には「詰めウクレレ」(ウクレレの終盤問題)を載せていたのですが、それをブースで使うことは全く考えていませんでした。

これはナイスアイデアでした!試遊スペースでゆっくりゲームをプレイするほど時間が取れない人でも、気軽に足を止めて「ウクレレ」に触れてもらえます。何人もの方が問題にチャレンジしていました。

午後は試遊スペースがかなり賑わいました、ときには立ち見が出るほど!私もときどき助っ人さんに交代してもらって試遊スペースでお相手をしました。こんなにたくさんの人と「ウクレレ」をプレイしたのはこの日が初めてです。これだけでもブースを取って「ウクレレ」を発表した甲斐がありました。

ただ一つ残念だったのは、みなさん財布の紐が固かった!午前中にお目当てのものを買って予算がなかったのか、「面白かった!」とは言ってはもらえたのですが買ってくれた方は少なかったです。持ってきた商品の9割ほどが売れ残りになってしまいました。

閉会少し前に人波が引けてきたので、早めに撤収することにしました。そのとき売れ残った商品を再梱包して自宅宛に送り返したのですが、少し切なかったです。


さて一仕事終わって開放感と共に打ち上げにGO。快く手伝ってくれた助っ人のお二人と夕食です。「みたらしダンゴムシ」さんがお店を検索して焼き肉食べ放題の店を見つけてくれました。もちろんおごっちゃいます。

いやー楽しかった。いろんなことが満たされた一日でした。

助っ人のお二人と解散したあとは、私はビジネスホテルでもう一泊です。


翌日、帰りの高速バスは夜行を取りました。この日は丸一日時間があります。行きたいところはもう決まっています、大阪「日本橋」の電機屋街です。

日本橋は何度も来たことがあるので慣れたものです。目的は「レトロゲームを買いたい」でした。しばらく前にいろんなレトロゲームが遊べる「レトロフリーク」というゲーム機を買ったので、それで遊べるゲームを調達です。いや、すでにたくさん持っているんですけどね、押し入れの奥ですが。

日本橋もいろいろ変わっていきますね。「電気パーツの時代」「家電の時代」「パソコンの時代」「パソコン自作の時代」「情報家電の時代」「マニアアイテムの時代」「各種マニアックカフェの時代」と進んできて、今はなぜか大型のゲームセンターが増えています。

ファミコンやスーパーファミコン、PCエンジンのソフトを扱うお店をあちこち回ります。欲しいソフトがあってもすぐには手を伸ばしません。複数のお店で相場を確認してからです。

そんな感じで日本橋の端から端まで三往復くらいしたでしょうか。いろいろ買いました。


画像0040


こうしてみるとパズルゲームやパズルっぽいものが多いですね。やっぱり私はこういうものが好きなようです。

でも今回の日本橋で一番たくさん買ったものは、こちらでした。


画像0041


ゲームのサウンドトラックCDです。私はビートマニアⅡDX(通称:弐寺)という音楽ゲームをやるのですが、主にそのサントラです。

こういうゲームのサントラはなかなか中古に出回らないのですが、日本橋に1軒品揃えの豊富な店があってそこに行くのも楽しみにしていました。(ちなみにそのお店は「エーツー」といいます)

歩き疲れて、最後はゲームセンターに。しばらく離れていた「クイズマジックアカデミー」をカードを作り直してプレイしました。今のバージョンには協力プレイモードがあるのですね、エンジョイプレイの私にはちょうどいいモードでした。


時間になりバスターミナルに向かいます。長かった関西遠征もそろそろ終わり、バスに乗って地元に帰ります。

ゲームマーケット出展も大阪観光もたっぷり楽しんだ旅行でした。楽しみすぎて少し疲れちゃいました。でもまた行きたいですね!
関連記事