スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードと価値観の揺らぎ

最近、財布の中のお金が余り減らなくなりました。といっても何か不思議なことが起こったわけではありません、ちゃんと理由があります。

食品を主とする生活必需品を買うところで、クレジットカードを使うようになったのです。当然のことながら財布のお金は減りません。もちろん払い方が変わっただけなので、支出全体では何も変わりません。

「支出全体では何も変わりません」、と今言いましたが、もしかするとこれは普通の感覚ではないのかもしれません。クレジットカードを使い始めた人が陥りやすい罠、何だかわかりますか?


↓ 続きはこちら
「給料日くらいは贅沢しよう」、こんな言葉を聞いたことはありませんか? 実はこの考え方は非常に危険です。給料日を贅沢するきっかけにしているだけならいいのですが、この言葉には「今は手元にたくさん現金があるから、多少は使っても大丈夫」という意識が働いている場合があるからです。

クレジットカードを使い始めた人が陥りやすい罠、これも同様の心理です。「財布にはまだお金がある、今なら欲しかったアレが買える」、この欲望に冷静に対処できないと大変なことになります。

手元に持っている現金の多寡は、そのとき使ってもよいお金の額とは何の関係もありません。常に一定の価値観を持ち、揺らがないようにしたいものですね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。