スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めレトロゲーム 「海腹川背」(SFC・TNN)

「海腹川背」は1994年にスーパーファミコンで発売されたラバーリングアクションゲームです。今では続編がPS(海腹川背・旬)、3DS(さよなら 海腹川背)、PSVita(さよなら 海腹川背 ちらり)などでも出ているようです。

↓ 続きはこちらから
ゲームの内容自体は比較的シンプルで、主人公である「海腹川背」(人名です)さんを動かして、敵や罠を避けマップ上にある出口にたどり着けというものです。

このゲームの最大の特徴はプレイヤーキャラの操作性にあります。普通に左右移動とジャンプも出来るのですが、主に所持アイテムである紐付きルアーを使って進んでいきます。ルアーを投げて引っかけ、紐にぶら下がったりして難所を越えて行きます。「ラバーリングアクションゲーム」という名前の通りその紐はゴムのように伸び縮みします。その反動を利用して一気に高いところに登ったり、すごいスピードで移動したり出来ます。

ここまでの説明で想像出来るとおり、紐を伸び縮みさせるタイミングや移動のタイミングなど、かなり慣れを必要とします。また、ステージによっては出口が隠されていたり、どのように移動してたどり着くかというパズル的な要素がある場合もあります。

操作に慣れて自由自在に「海腹川背」さんを動かせるようになれば、このゲームはすごく楽しいです。またステージごとにタイムアタックもあるのでやりこみも熱いですよ。

今から買うのなら、PS版の「海腹川背・旬」か3DS版の「さよなら 海腹川背」がよさそうです。どっちも中古なら1,000円ちょっとであるようです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。