水ようかんを作ってみました(実食編)

昨日作ってみた水ようかん、さて味の方はどうだったのでしょうか?

↓ 続きはこちら
できあがったものがこちらになります。

画像0022

思ったよりきれいにできあがりました。本当は冷蔵庫に入れるときのタッパーの写真もあったのですが、なめらかな表面にいろいろ映りこんでいたので、ボツにしちゃいました。

さて食べてみた感想ですが、歯触りは寒天独特のサックリ割れるような感じ、味はあんこの風味に塩がきいてさっぱり。文句なしに美味しかったです。市販のもののように漉しあんを使えば、これに加えてなめらかな舌触りになったのでしょうが、粒あんのざくざくとした感じもまた面白かったのでよしとします。

まあ、あんこも粉寒天も市販のものでしたので、分量と、あと焦がさないようにだけ気をつければ、失敗はほとんど無いと思います。ただ今回作ってみて一つだけ反省点が。あんこを溶かしたところに塩と粉寒天を入れたのですが、粉寒天が溶けるまでずいぶん時間がかかりました。あらかじめ少量の水で溶いておくか、逆に粉寒天を溶かしておいた水にあんこを入れる方がいいかもしれません。

今回は食べやすさを考えて四角いタッパーに入れて固めてこのように切りましたが、大きめのボウルに入れてジャンボ水ようかんにするのも面白そうです。また機会があったら挑戦しようと思います。
関連記事