スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルレビュー 「パズル通信ニコリVol.151」P93 スリザーリンク5番 作●川津博夫

まず、パッと見て何カ所か数字の塊があるのに気づきます。そのいずれにも0や3がたくさん置かれていて、易しい入り口になっています。

塊の部分やその他の入り口部分に手を付けて、その後……むむ、余り手が進まなくなってきました。難易度マーク通り少し手強い問題のようです。

ここで中級手筋を解放して手を探します。すると少しずつ手が進み始めました。

たとえば0と2が斜めにあるとき、2の線の引き方は2種類しかありません。そして2の先にさらに3があるときには2の線の引き方が決まります。3も2本まで決まります。

それ以外にも、複数の数字の連携で線が決まったり大胆な行き止まりで線の行き先が決まったり、バラエティーに富んだ手筋を堪能し完成。

解きごたえがあり、時間を忘れさせるいい作品でした。

(敬称は略させていただきました)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。