大人でも楽しめる? 子供と一緒に釣り遊び

これはご家庭で親子一緒に楽しめる釣り遊びのゲームです。

用意するものは「割り箸」「糸」「磁石」「厚紙」「ゼムクリップ」などです。

厚紙に魚の絵を描き、その形に切り抜きます。口に当たる場所にはゼムクリップを取り付けます、遊んでる途中で外れないようにテープ止めすると良いでしょう。
割り箸・糸・磁石をそれぞれ釣り竿・テグス・釣り針に見立てて遊ぶ人数分用意します。

さてここまでならよくある子供の遊びです。床にばらまいた魚を一通り集めたら、子供でも飽きてしまうでしょう。
しかし、この遊びを劇的に面白くする仕掛けがあります。


↓ その仕掛けとは
追加で用意するものが一つあります。それは「ティッシュの空き箱」です。ティッシュを取り出す場所にビニールが付いてるタイプが望ましいです。

先ほど作った厚紙の魚をティッシュの空き箱に入れます。できるならティッシュの空き箱が動かないように床に固定します。そして、そこから魚を釣ります。
磁石の強さにもよりますが箱の中で魚がくっついていても、強く引っ張ると箱の口のところで外れて落ちてしまいます。竿にかかる重さを頼りに箱の中の魚の状態を想像し、竿を小刻みに動かして魚の状態を整え、箱の中から釣り上げます。
この感覚が実際の釣りを想像させ、大変面白いのです。私は子供のころにこれを思いついて遊んでいましたが、たぶん大人でもそれなりに楽しめると思います。

あとはゲームっぽくするなら、魚にそれぞれ点数を付けるといいでしょう。大きい魚や変わった形の魚は釣りにくい(箱の口に引っかかりやすい)ので高得点、小さい魚は普通の得点にしましょう。釣りは一人ずつ交代で行い、一度箱の中にいれた磁石が箱の外に出たら釣れていなくても交代です。
大きな魚が釣れたり、一度に2匹釣れたりすると思わず「ヤッタ!」と言いたなると思いますよ。

このゲームで実際に遊ばれた方がいたら、感想などいただけるとありがたいです。
関連記事